NIPPON Kichi - 日本吉

2008/4/25

キウス周堤墓群 Kiusu-shuuteibogun 

Jp


 北海道千歳市中心から東へ九キロ進んだところに「キウス周堤墓群(しゅうていぼぐん)」がある。
 今から三千年程前の縄文時代後期につくられた墓で、馬追(まおい)丘陵の緩やかな斜面に位置している。昭和五四(1979)年、約四万平方メートルの範囲が国の史跡に指定された。
 地面を丸く掘ったあと、その掘った土を周囲に土手状に盛り上げ、内側を墓地にしているのが特徴で、周囲に堤があることから「周堤墓」と呼ばれている。
 墓は指定地内に全部で八基あり、周辺のものを含むと二四基が発見されている。一番大きなものは直径が七五メートル、高さが五メートル、穴の深さは二メートルある。
 昔は「チャシ」と呼ばれる、アイヌの砦や城の跡だと思われ、「キウスチャシ」と呼ばれたこともあったが、その後石柱や墓穴が見つかり、大規模な墓地だということが判った。
 別名「環状土籬(かんじょうどがき)」とも呼ばれているこの場所からは、盛土遺構(もりどいこう)や竪穴住居、貯蔵穴なども発見されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
066-0007 北海道千歳市中央
名前
キウス周堤墓群(千歳市埋蔵文化財センター)
電話
0123-24-4210




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter