NIPPON Kichi - 日本吉

記事数4件: 1~4 件表示          

2007/10/4


亀ヶ岡遺跡 Kamegaoka-iseki Kamegaoka Site

Jp En

 亀ヶ岡遺跡(かめがおかいせき)は、青森県つがる市木造亀ケ岡に広がる縄文晩期の代名詞にもなっている遺跡である。
 元和八(1622)年に発見された遺跡で、大きなメガネ、あるいはサングラスをかけたような遮光器土偶が発掘された遺跡として有名になっている。
 遮光器土偶は明治二〇年に出土したもので、高さ34・5cm、胴体からすぐ頭部で、その異様な形、驚くほどの精緻さなどから、国の重要文化財に指定されている。
 他にも黒、朱、丹などの塗飾と彫刻風の多趣多様な文様、形状を有した壷、瓶などが出土し、当時の江戸では「亀ケ岡もの」は優れた芸術品として珍重されたという。
 現在、遺跡には遮光器土偶のモニュメントを置かれ、近くの高台にある縄文館では多種多様な出土品を展示している。
 亀ヶ岡遺跡は、古代のロマンを感じさせる大遺跡である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します