NIPPON Kichi - 日本吉

2008/8/26

高昌寺(楠木寺) Koushou-ji(Kusunoki-dera) 

Jp


 七堂伽藍(しちどうがらん)が整った地方きっての名刹、高昌寺(こうしょうじ)は、室町時代嘉吉元(1441)年に創建された曹洞宗のお寺である。文政七(1824)年の本堂建立の際、材料に楠材を多く使ったことから伊予の「楠木寺(くすのきでら)」とも呼ばれている。
 釈迦入滅の日とされる三月一五日には毎年釈迦の法要「涅槃会(ねはんえ)」として「涅槃まつり」が行われる。二〇〇年の歴史を持つこの祭りでは美しい稚児(ちご)行列も行われ、内子の春の名物行事として知られている。
 平成一〇(1998)年に建立された、長さ一〇m、重さ二〇〇トンの、日本一巨大な石造涅槃仏にも参拝者が多く集まる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
791-3310 愛媛県喜多郡内子町城廻117
電話
0893-44-2409
HP
http://www.cnw.ne.jp/~koushouji/index.html


keywords :


NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter