NIPPON Kichi - 日本吉

2007/8/14

山中八幡宮デンデンガッサリ Yamanaka-hachiman-guu-denden-gassari Dendengassari at Yamanaka Hachimangu Shrine

Jp En


 山中八幡宮デンデンガッサリ(やまなかはちまんぐうでんでんがっさり)は、愛知県岡崎市舞木町宮下にある山中八幡宮にて毎年1月3日に行われる祭りである。
 山中八幡宮は、文武天皇の御代(696~707)に、八幡宮を奉祀したのが創立とされている。祭神は、八幡大神。徳川家康との縁が深い神社としても知られる。
 デンデンガッサリは、豊作を祈願して行う山中八幡宮の田遊びの神事である。
 祭りでは、五穀豊穣を願って氏子らが、直径約70cm、厚み10cmほどもある餅を2段重ねにして背負い、最初に「デーン、デーン、ガッサリヤー」と掛け声を掛け、牛の真似をしてよつんばいになり、太鼓の回りを回って倒れる仕草をする。
 重すぎて牛ですら倒れるほどの豊作、という意味があり、名前は、その掛け声から呼ばれるようになったとされる。
 山中八幡宮デンデンガッサリは、室町時代から続く古式豊かな御田植神事である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
444-3511 愛知県岡崎市舞木町宮下8
名前
山中八幡宮デンデンガッサリ
電話
0564-48-5903




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter