NIPPON Kichi - 日本吉

記事数4件: 1~4 件表示          

2007/4/2


民芸品 チャグチャグ馬コ Mingeihin Chaguchaguumako 

Jp

 チャグチャグ馬コは、岩手県盛岡市にて造られる民芸品である。
 岩手は古くから名の知れた馬産地で、全盛期の江戸時代には日本一とも呼ばれていた。
 端午の節句には馬の息災延命を祈り、愛馬を金銀紅紫で飾り、馬の守護神・駒形神社にお詣りする慣わしで、馬につけた大小の鈴がチャグチャグと鳴り渡る所からチャグチャグ馬コといわれた。
 風物詩「チャグチャグ馬コ」は、盛岡市内を華麗に着飾った百頭もの南部駒が行列する祭であり、郷土玩具のチャグチャグ馬コは、昭和22、23年頃から売られはじめた土産ものである。
 郷土玩具、民芸品の中でも、木彫で彩色仕上をして、更に装束で飾り付けるという技法は全国的に見ても数少なく珍しい。
 民芸品のチャグチャグ馬コは、体験学習も行われ、幅広い人気を得ている木彫郷土玩具である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/3/29


お祭 チャグチャグ馬コ Omatsuri Chaguchagu-umako Chagu-Chagu-Umako Fesival

Jp En

 チャグチャグ馬コは岩手県岩手郡滝沢村の鬼越蒼前神社から、盛岡市の八幡宮までを練り歩くお祭である。
 毎年六月の第二土曜日に行なわれ、近隣の百頭ほどの馬が鮮やかな装束に飾られて、ゆっくりと行進する。
 人馬の安全を祈り行なわれる行事であり、かつては軍馬の産出地であり、藩政時代には馬を大事にするための家である南部曲り屋が作られた地方故に伝わる伝統。
 元々は農閑期に馬を休めるための行事が、参拝へと変わったと言われる。
 チャグチャグとは馬に付けられた鈴の音のことで、初夏の農村に響く鈴音は残したい日本の音風景百選に選ばれ、国の無形民俗文化財にも指定されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/3/28