NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/4/6


名勝仙巌園 Meishou-Senganen 

Jp

 仙巌園(せんがんえん)(通称・磯庭園(いそていえん))は、鹿児島県鹿児島市吉野町磯にある国指定の名勝地。
 万治元(1658)年、第十九代島津家当主(薩摩藩第二代藩主)島津光久が、別邸として造営して以来、今日まで代々の島津家の当主に受け継がれている。
 目前の桜島を築山に、錦江湾を池にみたてるという雄大な大自然を借景にしたこの庭園は、天下の名園として名高く、その景勝のみならず構図自身が感動的である。 
 幕末には、1万5000坪もの敷地内に、第二八代当主(十一代藩主)島津斉彬による日本最初の洋式産業事業「集成館事業」が展開され、近代日本の発祥の地でもある。園内には反射炉跡や御殿、日本初のガス灯・鶴燈籠、曲水の庭など、見所が多い。日本で最初にガス灯が点灯したのもこの場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します