NIPPON Kichi - 日本吉

2008/5/12

能島城跡 Noshima-jou-ato 

Jp


 能島城跡は、宮窪港沖合の浮かぶ周囲720mの島である。応永二六(1419)年、村上雅房(むらかみまさふさ)が築城したと言われる。
 能島村上水軍の中枢本部として栄えていたが、天正一六(1588)年、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の海賊禁止令により、村上氏が九州へ移り無人島になったとされる。
 島全体が海城だったが、現在は船溜り跡の石塁を残すのみとなっているという。
 能島の隣に位置する小島鯛崎島との間にある岩礁の上には、大かがりな桟橋防材の跡や、干潮時には丸い柱杭の穴が無数に残っているのも見られる。
 春には桜が島全体を埋め尽くすほどに咲き乱れ、桜の名所としても有名である。普段は交通手段がないので、カレイ山展望公園から望むだけだが、桜まつりの2日間だけはシャトル運行の船便が出て賑わうという。
 現在は、国指定史跡になっているという。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
今治市宮窪町宮窪
名前
今治市宮窪支所
電話
0897-86-2500




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter