NIPPON Kichi - 日本吉

記事数9件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/7/23


海底鍾乳洞 広部ガマ Kaiteisyounyuudou Hirobegama 

Jp

 広部ガマ(ひろべがま)は、沖縄県恩納村にある、総延長640mの、日本一長い海底鍾乳洞(かいていしょうにゅうどう)である。
 鍾乳洞とは、石灰岩が雨水、地下水などの侵食でできた洞窟であり、石灰岩地帯に存在する。
 平成一〇(1998)年、恩納村の万座毛近海、水深28m地点に、同村でダイビングショップを営む広部俊明氏が新しい海底鍾乳洞を発見した。
 640mは確認された分だけで、さらに奥に続いており、内部にはエビやカニなども生息している。
 奥へ直進できるのは約310mまでで、その途中で約20の洞窟に分かれる。中には高さ11mもある大きなホールもあり、つららやカーテンのような鍾乳石が垂れ下がり、光が差さないため、カノコイセエビなど洞窟性海洋生物が生息している。
 広部ガマは、未だ詳細は調査中の日本一長い海底鍾乳洞である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します