NIPPON Kichi - 日本吉

記事数10件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/7/15


角館のお祭り Kakunodate-no-omatsuri Festival of Kakunodate

Jp En

 角館のお祭り(かくのだてのおまつり)は、秋田県仙北市角館地区に伝わる、三〇〇年以上の歴史がある祭りである。旧角館町の鎮守である神明社と成就院薬師堂の祭で、地域の繁栄や商売繁盛などを願い毎年九月の三日間にわたって行われる。
 この祭りの見所は何と言っても、曳山(ひきやま)である。
 各町内の武者人形や歌舞伎人形を載せた一八台の曳山は、初日には神明社へ、翌日は武家屋敷通りを通って上覧のために佐竹北家当主へ、最終日には薬師堂へと賑やかな笛や太鼓のお囃子と共に曳き廻される。
 祭りが特に盛り上がるのは、曳山がぶつかる「やまぶっつけ」の時。町内で、山車どうしがかち合った際、通行権を巡って交渉するのだが、交渉が決裂した場合は、山車をぶつけ合う。狭い道幅いっぱいにあふれた観客の熱気に包まれ、さらに盛り上がる。
 優雅だが激しい、角館のお祭りは平成三(1991)年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します