NIPPON Kichi - 日本吉

2008/6/26

徳島城 Tokushima-jou 

Jp


 徳島城は徳島市にかつてあった城であり、あの阿波踊りの誕生のきっかけになった城である。
 天正一四(1586)年、豊臣秀吉の四国平定で功績のあった蜂須賀家政が小早川隆景や長宗我部元親らの援助により一年半で築城した城である。家政は築城に従事した大工や城下町の人々に酒を振舞い、武士の同席を禁じたので、人々は歓喜し遠慮なく二日間踊りあかしたという、これが、阿波踊りの始まりと言われている。
 蜂須賀家は明治の廃藩置県までこの地を治めていた。明治に入ると城は解体され、鷲の門だけは残されたが、太平洋戦争の空襲でそれも焼失してしまった。
 現在、徳島城跡は徳島中央公園となり、博物館が建っている。博物館の中には徳島城の模型が展示されている。また、平成元年には徳島市制百周年を記念して鷲の門も復元された。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
770-0852 徳島県徳島市徳島町城ノ内
名前
徳島城




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter