NIPPON Kichi - 日本吉

記事数61件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/10/23


豊稔池ダム hounenike-damu 

Jp

 豊稔池(ほうねんいけ)ダムは、香川県観音寺市の、高尾山・金見山に囲まれた深い山の中に位置している。
 半月状のアーチが五連連なっているマルティプルアーチを石積式で実現しており、堤頂長は約128メートル、堤高30.4メートル。農地530ヘクタールを灌漑する農業用ため池として活用されている。
 降雨量が少ないこの地は、大干ばつが多く、井戸を沢山掘っても枯れる事が多かった。そこで大正一五年、アメリカの最新技術を習得した佐野藤次郎が指揮し、地元の農民たちの手によって、約四年かけて作られた。
 五連の壁は、中央部の水圧をを支えダムの先端を保護している。また壁面には洪水吐が設置されており、満水に近づくと自動的に放水する仕組みとなっている。
 深い山のなかにある威厳のあるたたずまいは水の古城と称され、美しい景観を形成している。また、完成直前に死去した佐野藤次郎の石碑がダムの横に設置されている。
 平成一八(2006)年に、国指定重要文化財となった。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/25


香川 田村神社 Kagawa Tamura-jinja 

Jp

 田村神社(たむらじんじゃは)香川県高松市にある神社である。
 創建は和銅二(709)年古くから讃岐の国で一番格の高い一宮として人々の崇敬を集めてきた。また、江戸時代初期、延宝七(1679)年には神仏習合を廃止、神道のみを重視し、国守松平家の祈願所としたことから幕府や武家からも大きな崇敬を集めていたといわれている。
 神社は琴平電鉄一宮駅そばに鎮座し、大鳥居をくぐりきれいに舗装された参道を行くと見事な拝殿が建つ。その裏には本殿がありその後ろの奥殿付近に定水と呼ばれる深淵がある。香川県は灌漑用のため池が多く水に関する信仰も強く、この淵にも蛇や竜に関する伝承も残されている。
 田村神社はさぬき七福神のひとり金箔が貼り付けられた布袋様の像が置かれており、参拝に訪れる人々を暖かく見守っている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/4/8


かんおんじ銭形まつり Kanonji-zenigata-matsuri 

Jp

 温暖な瀬戸内海に面し、江戸時代の通貨・寛永通宝(かんえいつうほう)を模した巨大な砂絵「銭形砂絵(ぜにがたすなえ)」で有名な香川県観音寺市では、7月中旬の3日間「かんおんじ銭形まつり」が行われる。
 白砂青松で知られる有明浜周辺を会場にした祭りは、「銭あさり大会」を皮切りに、創造性とビジュアル度を競い合う「銭形踊りコンテスト」や「THE ZENIGATA LIVE」、「宝探し的潮干狩り」、「花火大会」など熱気溢れる多彩なイベントが行われる。
 最終日には商店街に会場を移し、「和太鼓競演」や「銭形よさこい」など勇壮さと華やかさを競うイベントが行われ、大いに盛り上がる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/12/25


笠島集落 Kasajima-shuuraku 

Jp

 笠島集落(かさじましゅうらく)は、国選定の伝統的建造物群保存地区で、約一〇〇戸の江戸末期から明治期にかけての建物が残る集落である。
 笠島は戦国時代まで、水上の兵力、塩飽水軍(しわくすいぐん)の本拠、江戸時代には要所として栄えた。その後貨物船の世話をする廻船問屋として栄えた笠島だったが、後に船舶建造の腕を活かし、家屋建築の塩飽大工として島民達が全国で活躍するようになったという。
 大工が各地から帰省する度に家屋を手入れしていたため、江戸時代の町並みがとても良い状態で保存されているという。
 街並みは迷路のようになっており、富を誇示するように粋を凝らして建てた屋敷が建ち並ぶ。千本格子の出窓や、漆喰塗りの白壁の家々、なまこ壁の土蔵などが連なり、美しさと共に塩飽大工の技術力の高さも随所で感じられるという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します