NIPPON Kichi - 日本吉

記事数6件: 1~6 件表示          

2008/7/3


七星剣 Shichisei-ken Shichiseiken (Seven Star Sword)

Jp En

 七星剣(しちせいけん)は、大阪府大阪市天王寺区の四天王寺が所有している、長さ62.1cmの日本の直刀である。国宝に指定されている。
 四天王寺は、推古天皇元(593)年に聖徳太子により建立された寺院で、本尊は救世観世音菩薩(くせかんぜおんぼさつ)。
 同じく四天王寺所有の丙子椒林剣(へいししょうりんけん)と並び、聖徳太子愛用の剣と伝わる。
 名前の由来は、金象嵌(きんぞうがん)の七星文、つまり北斗七星が描かれていた事による。その他、表に金象眼五飛鳥雲、七星の両側にV字型の三星と横に並んだ三星に青竜と白虎が刻まれ、裏には雲紋と北斗七星・それに青竜と白虎が刻まれている。
 作風は丙子椒林剣にくらべ、スラグと呼ばれる金属の残留物が目立つものの、地金は小板目肌と呼ばれる細かく目の詰まったもので、匂口(においぐち)に大粒な粒子が厚くつき、これに小さな粒子がついた細直刃となっている。
 七星剣は、日本の古代より伝わる貴重な刀剣である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/19


会津白虎まつり Aizu-byakko-matsuri Aizu Autumn Festival

Jp En

 会津白虎まつり(あいずびゃっこまつり)は、福島県会津若松市にて行われる祭りである。
 以前は会津秋まつりと言う名だったが、会津と言えば「白虎隊」として全国的に知られており、さの知名度を生かし、インパクトある名称にと改称したもの。
 深い歴史の残る会津若松に秋を告げる伝統の祭りで、県内外から多くの観光客が訪れる。
 市民総勢1000人が灯篭を揺らし市内を練り歩く幻想的な風景で祭りのオープニングを飾り、鶴ヶ城跡で「先人供養祭」が行われ、白虎まつりのメイン「会津白虎行列」がスタートする。
 市民が扮する白虎隊や松平公といった会津藩縁の武者行列は約500名にものぼり、まさに圧巻。
 夜には「会津磐梯山踊り」も行われ、祭りを一層盛り上げる。
 会津白虎まつりは、戊辰戦争を偲ぶ、会津の秋の一大イベントである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/1


古川起こし太鼓 Furukawa-okoshidaiko Furukawa Okoshi Daiko

Jp En

 気多若宮神社の例祭「古川祭(ふるかわまつり)」は、氏子に御神霊をお迎えする準備をさせる為に、太鼓を叩き起こして回る「起こし太鼓」が有名である。祭りは市街地一帯で繰り広げられ、裸男達が激しくぶつかり合う様子に町は熱気と興奮で包まれる。
 「起こし太鼓の里広場」で出立祭が行われてから、大太鼓にまたがった若者が「ドーン、ドーン」と満身の力を込めて打ち出し、大太鼓を乗せた櫓が数百人の裸男達に担がれて、ゆっくりと進む。大太鼓めがけて突進する付け太鼓の裸男達と、阻もうとする大太鼓の護衛とが激しくぶつかり合う「古川やんちゃ」と呼ばれる男達の攻防は、延々4時間に亘って繰り広げられる。
 太鼓担当は青龍、白虎、朱雀、玄武の四つの組に分けられ、抽選で決められる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します

keywords :