NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/30

日本刀 Nihon-tou Nihon-tou or Katana

Jp En


 日本独自の技術で作成された刀剣のこと。
 砂鉄を低い温度で精錬して作る玉鋼を材料に作られる。
 刀の芯になる部分に柔らかい心鉄(しんがね)を用い、外部の皮鉄(かわがね)、刃金は硬くすることで日本刀の特徴である「折れず、曲がらず、良く斬れる」といわれる特徴を持つ。
 平安時代後期に現在の湾曲した刀の形が完成している。慶長時代(1596〜1615)までの刀を古刀、以後の刀を新刀と呼ばれる。
 美術、工芸品としての価値も高く、日本だけでなく海外でも高く評価されている。
 日本刀から多くのことわざ、言葉が生まれており、日本人の生活に根ざしたものであることが伺える。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
日本刀




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter