NIPPON Kichi - 日本吉

記事数200件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/11/12


明王寺 鬼追い・鬼踊り myouou-ji oni-oi oni-odori 

Jp

 兵庫県神戸市には、いくつかの鬼追い行事が残っているが、垂水区名谷町(たるみくみょうだにちょう)にある明王寺(みょうおうじ)の鬼追い・鬼踊り(おにおい・おにおどり)もそのひとつである。
 鬼追いは、追儺会(ついなえ)ともいわれる寺院の年頭行事である。中国でおこなわれていた、年の終わりに悪鬼を駆逐する追儺行事が伝わり、小正月から節分にかけてその年の平穏や五穀豊穣を祈る行事をおこなうようになった。
 鬼は太郎鬼・次郎鬼・婆々鬼、4匹の小鬼が登場する。太郎鬼は木製の槌、次郎鬼は木製の斧、婆々鬼は木製の槍を持つ。小鬼たちは樫の棒を持ち、頭に白い紙の細長い紙垂(かみたれ)の束を被る。
 本堂で法要が終わると、太鼓と法螺貝(ほらがい)を合図に鬼たちが登場する。小鬼は外陣(げじん)の左右両端に分かれ、2人一組になり棒を打ち合わせ床を突く。
 外陣中央では、鬼が松明を持って登場し、内陣(ないじん)の台の上に置かれた鏡餅を太郎鬼と婆々鬼が松明で叩き、次郎鬼が中央で斧を使い、餅割をする。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/10/23


土居太鼓祭 doi-taiko-matsuri 

Jp

 土居太鼓祭(どいたいこまつり)は、愛媛県四国中央市土居町にて、毎年一〇月一三~一五日にかけて開催されている祭りである。土居町秋まつりとも言われている。
 上野太鼓祭りと土居町太鼓祭りからなる、家内安全と五穀豊穣を願う祭りで、重さ約2トンのもの太鼓台を100名以上の担き夫が担ぎあげる。
 太鼓台は、幅3m、高さ5m、長さ11mもあり、神輿や山車とは異なり、その中心に太鼓があるのが特徴である。瀬戸内沿岸を中心に西日本に多く見られ、太鼓に合わせて音頭をとって担ぐ。
 土居町太鼓祭りは一三日に各地区の太鼓台が地区を周り、一四日にふるさと広場での15台の太鼓台の寄せ担きが行われる。また一五日には上野太鼓祭りがあり四台の太鼓台の寄せ担き及びと太鼓台の喧嘩祭りが小学校の校庭で行われる。
 数十台の太鼓台が一斉に担ぎ上げられる様子は迫力があり、土居町内では約40台の大人太鼓と子供太鼓が町内のいたるところで、かきくらべを演じる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/8/28


半田 銭太鼓踊り Handa Zeni-daiko-odori 

Jp

 銭太鼓踊り(ぜにだいこおどり)は、平成一三(2001)年六月一日、半田市の無形民族文化財に指定された、成岩(ならわ)地区に江戸時代から伝わる郷土芸能である。
 江戸時代、成岩の海岸でとれた塩を足助(あすけ)方面へ運ぶ途中、豊田市駒場町で習い覚えたのが始まりといわれている。駒場の銭太鼓の起原はかなり古く平安時代という説がある。また銭が鋳造されるようになったことを祝って太鼓に銭をつるして踊ったことが始まりという説もある。
 厄払いの意味もあり、昔人々は行列になって銭太鼓を踊りながら村から厄神を送り出したと伝えられている。
 揃いの着物に身を包み、頭に花笠をつけ、手には銭太鼓を持ってお囃子(はやし)に合わせて踊りながら、ゆっくりと道路をねり歩く素朴な伝統芸能である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/8/25


大洲 臥龍太鼓 Oozu Garyuu-daiko 

Jp

 大洲(おおず)の臥龍(がりゅう)太鼓は、愛媛県大洲市にて活動している郷土芸能である。昭和五〇(1975)年、臥龍太鼓は、景勝の地にちなんで誕生した。現在では、大洲の地に新しい芸能として根づいている。
 大小の和太鼓から打ち鳴らされるリズムは、肱川の流れに似て、勇壮な中にも優しさを持っている。
 歴史ある大洲神社境内での初打ちは恒例となっており、午前零時と同時に打ち始め、初詣の人々と共に商売繁盛・家内安全・五穀豊饒を祈願し、新年を祝う。他にも、市内の行事であるうかい開き、水天宮花火大会、新谷まつりなどで臥龍太鼓は披露されており、独特の大太鼓や締琴(しめきん)太鼓の音が響く。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します

keywords :


2008/7/23