NIPPON Kichi - 日本吉

2008/8/14

舞木廃寺塔址 Maigi-haijitou-shi 

Jp


 廃寺の名前は伝わっておらず、所在する地域名が舞木町であることから、舞木廃寺塔址(まいぎはいじとうし)で呼ばれている。
 出土遺物から奈良時代に建立されたと推測されているが、境内の建物の配置などを含め、実際にどのような寺であったのかはまだ不明だ。ただ残っている塔の礎石(そせき)を見る限り、当時この地方では最大の寺院だったと考えられている。
 塔の心礎は直径1.6mのほぼ円形の花崗岩(かこうがん)。中央には舎利容器を安置する直径15cm、深さ4cmの舎利孔が彫られている。その周囲には幅35cmの柱座が環状に彫られており、複雑で精美な加工となっている。
 採集されている資料は、瓦製の蓮弁・瓦塔片・軒丸瓦・丸瓦・平瓦などの出土遺物だけである
 遺跡として、昭和四(1929)年に国重要文化財に指定された。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
470-0362 愛知県豊田市舞木町
名前
舞木廃寺塔址




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter