NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/25

刺繍 Shisyuu Japanese Embroidery

Jp En


 刺繍(ししゅう)は、手芸の一分野であり、布地に特定のパターンや図柄、文字などを縫いこみ、その結果できあがる作品をいう。
 日本に刺繍がもたらされたのは、今から千六百年~千七百年前頃に中国から渡来したとされ、日本においては着物を飾る方法として、布自体に模様を染める友禅技法が開発されるまでの間、刺繍が着物を加飾するための重要な方法であったた。長い年月をかけて様々な工夫がなされながら、各地で独自の刺繍が作り上げられ、やがて日本刺繍へとつながっていく。
 また、古来より日本では着物などの縫い目に呪力が宿る、と考えられていた。そのため、大人の着物に比べて縫い目の少ない子供の着物には悪いものが寄り憑きやすいと考えられ、子供を守るために着物の背中に「背守り」と呼ばれる刺繍を施す風習があった。
 同じような考えから、平安の昔から十二単や甲冑などにも刺繍は施されていた。
 そうした信仰上の行いなども、刺繍を発展させる礎となり、今に伝えられる日本刺繍の優美さを縫い上げている。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
刺繍




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter