NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/2

香川 打出し銅器 Kagawa-uchidashi-douki 

Jp


 香川県で作られている銅製の道具。県の伝統工芸品に指定されている。
 歴史は江戸時代といわれ、当時は銅の塊を叩き伸ばして作成されていた。
 現在は銅板を型に切り、熱を加えながら木槌や金槌で叩き出して製品の形に仕上げていく。
 銅はもともと柔らかく加工しやすい金属であるが、繰り返したたき上げると銅自体に硬度が増し、型崩れしなくなる。そして艶がでてくる。
 また使い込めば使い込むほどに深い味わいがでてくるのも銅の特徴である。
 主な製品には、急須、やかん、花器などの生活用品が多く、今も日常にゆったりした時間を届けてくれる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
760-0000香川県高松市
名前
香川 打出し銅器




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter