NIPPON Kichi - 日本吉

記事数10件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/8/4


本阿弥光悦 Honami-kouetsu Hon’ami Koetsu

Jp En

 本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)は、江戸時代初期の書家、芸術家。当代随一の数寄者として名を馳せるた。
 永禄元(1558)年、刀剣の鑑定や研磨を家業とする京都の本阿弥家に生まれ、書道や陶芸、漆芸、出版、建築、作庭など多岐にわたってその才能を発揮。
 特に書道の分野ではその才能を発揮し、近衛信尹(このえのぶただ)、松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)と共に「寛永の三筆」と呼ばれ、和様書道の流派の一つである光悦流を創始した。
 同時代の俵屋宗達や尾形光琳らとともに「琳派」と呼ばれる作風を打ちたて、国宝の「楽焼片身替茶碗」や「舟橋蒔絵硯箱」、重要文化財の「鶴下絵和歌巻」などが残されている。
 元和元(1615)年には徳川家康から京都洛北の鷹ヶ峯に地を与えられ、一族とともに職人や町衆を集めて「光悦村」と呼ばれた芸術村を築いた。
 本人自身による製作の他に、製作総指揮のような役割も担っていたと考えられている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/1/8


法華経寺 五重塔 Hokekyou-ji Gojuu-no-tou 

Jp

 法華経寺(ほけきょうじ)は千葉県市川市中山に所在する寺である。元は日蓮宗四大本山であり、戦後は中山妙宗の本山となっている。
 五重塔はこの法華経寺にあり、桃山時代から江戸時代初期にかけて書家・芸術共に優れた家柄であった、本阿弥家の本阿弥光室(ほんあみこうしつ)が両親の菩提を弔うために、加賀藩主・前田利光の援助を受けて建立したものである。現在は国の重要文化財に指定されている。
 塔は落ち着いた和様形式で造られており、高欄のない縁をめぐらし、各層の大きさは方三間、初層から四層まで軒は二重繁垂木が用いられている。30メートルにも及ぶ高さを誇り、外部全体は雅な朱塗で仕上げられている。
 関東地方には江戸時代以前の五重塔は非常に少なく、法華経寺のほかには三基残るだけである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/4


良寛 Ryoukan Ryokan

Jp En

 良寛(りょうかん)は、江戸後期の曹洞宗の禅僧で、歌人、漢詩人、書家としても知られる。
 宝暦八(1758)年、越後国出雲崎(現・新潟県)に誕生。土地の名主で、俳人でもある父から、影響を受けて育った。
 大森子陽の塾で学び、名主見習役を経て、円通寺の国仙和尚のもとで出家。その頃、和歌に親しむようになり、歌人との交流や創作を重ねてゆく。
 三三歳の頃、国仙和尚より印可の偈を与えられる。以後、民衆の教化に努めたが、難解な説法を避け、分かり易い言葉を用いた。特定の寺を持たず、自らの質素な生活を開示することで、民衆の共感や信頼を得ていた。
 良寛の住む五合庵には、実に多くの芸術家や学者が訪れた。般若湯(酒)を好み、自らを慕う人々と頻繁に杯を交わしたと伝わる。
 天保二(1831)年、良寛死去。歌集『蓮の露』を弟子の貞心尼が編んだ。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します