NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/7/17


花沢館跡 Hanazawa-no-tate-ato 

Jp

 花沢館跡は、北海道上ノ国町に位置し、15世紀頃に和人・渡党(わたりとう)と称される本州系の人々が、北海道南部への進出の拠点として築いた館「道南12館」のひとつである。面積は約2万9000平方m。
 北海道最古の記録である「新羅(しんら)之記録」によると、花沢館の館主・蛎崎季繁(かきざきすえしげ)が長禄元(1457)年のコシャマインの戦いの際にも堅く守って屈しなかったとされる館跡である。
 昭和二十(1945)年頃に、約二千枚の古銭と鉄鍋、近年には館後方部から15世紀後半の珠洲焼のすり鉢などが発見されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/26


吾妻小富士 Azuma-kofuji 

Jp

 福島県吾妻山(福島と山形の県境にまたがる吾妻連峰)にある「吾妻小富士」は秀麗な小型の富士山を思わせる、極めて特徴的な山容をしている。標高1707mの火山で、頂上には外周が1・5キロメートルにも及ぶ、すり鉢状の巨大火口が広がっている。約6000年前に噴火したとされ、水は溜まっていない。
 1周約40分程で釜めぐりが出来、福島市街や蔵王山、安達太良山等の展望が素晴らしい。火口部分に柵は無いので、覗き込むと草の生えるすり鉢の底まで急斜面になっていて迫力満点。
 火口下までは日本の道100選にも数えられる磐梯吾妻スカイラインが4月下旬から11月中旬まで開通しているので、駐車場に車を停めて10分も歩けば火口を目の当たりに出来る。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter