NIPPON Kichi - 日本吉

記事数4件: 1~4 件表示          

2007/1/29


秋山信子(人間国宝) Akiyama Nobuko Nobuko Akiyama (Living National Treasure)

Jp En

 昭和三(1928)年生まれ。「秋山信子」は雅号で、本名は今井信子。平成八(1996)年に「衣装人形」で重要無形文化財(人間国宝)に認定された。
 昭和三十一(1956)年に人形作家、大林蘇乃に師事、桐塑(桐材の木粉と生麩糊を練り合わせた粘土状の材料で造形する技法)および和紙貼、木目込みなどの伝統的な創作技法を学ぶとともに創作人形の指導を受ける。
 衣装人形の衣装の生地は、江戸末期から昭和初期につくられた着物から取って使う。また、立ち座りの型は調節することができる。衣装と全身の姿がもつ個性と品格。それらは、すぐれた伝統的素材や技法と、作家の独自なイメージが結びつくことによって生まれてきた。人形には創作者の人格が表れる。氏が造る人形はどこか温かく、品格漂うものばかりである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




江里佐代子(人間国宝) Eri Sayoko Sayoko Eri (Living National Treasure)

Jp En

 截金(きりかね)師、工芸作家の江里佐代子氏は昭和二十(1945)年、京都生まれ。現在京都市左京区岡崎に位置する仏像制作工房「平安佛所」にて、大佛師(だいぶっし)である江里宗平、二代目・康慧とともに截金を行っている。
 截金とは切金とも書き、細金(ほそがね)と呼ばれることもある。純金箔やプラチナ箔を数枚焼き合わせ、厚みを持たせたものを細く線状、丸、三角などに切り、それを筆の先につけて貼りながら様々な紋様を描き出す技法で、主に仏像や仏画の装飾用として用いられている。
 氏は江里家に嫁いだ後初めて、截金を学んだという。寝る間を惜しんで修行し、髪の毛よりも細い金箔を自在に扱う技術と精神力を修得した。その文様は、人間技とは思えないほどの精緻かつ優美で、思わず息を呑むほどだ。
 平成二十(2002)年には截金で重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けた。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




磯井正美(人間国宝) Isoi Masami Masami Isoi (Living National Treasure)

Jp En

 大正十五(1926)年、香川県高松市に生まれる。 昭和六十(1985)年、重要無形文化財「蒟醤(きんま)」の保持者(人間国宝)に認定される。
 「蒟醤(きんま)」とは、漆芸の加飾(装飾)技法のひとつで,漆の塗面に剣という特殊な彫刻刀で文様を彫り,その凹みに色漆を埋めて研ぎ出し,磨き仕上げるもので,線刻の美しさが発揮される。
 父は讃岐漆芸中興の祖とも称される磯井如眞(いそいじょしん)。凸版写真印刷からヒントを得た点彫り蒟醤を創案し、重要無形文化財「蒟醤」保持者(人間国宝)に認定されている。
 繊細華麗な父の作風に対して、正美氏の作品は、「漆の古典的な美しさを現代の新しい感覚で生かしたムード派」と評される。蝶や万葉集に登場する植物などをモチーフに、奥深い心象風景をたゆたうように表現する。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




太田儔(人間国宝) Oota Hitoshi Hitoshi Ota (Living National Treasure)

Jp En

 昭和六(1931)年生まれ。平成六(1994)年、重要無形文化財「蒟醤(きんま)」の保持者(人間国宝)に認定される。
 蒟醤(きんま)は竹で編んだ素地に漆を塗り、これに剣という特殊な彫刻刀で模様を線彫し、色漆を詰めて研ぎ出したもの。線刻の美しさがきわだつ伝統工芸だ。
 昭和二十八(1953)年、讃岐漆芸中興の祖と称される磯井如真の内弟子になり漆芸技法を学ぶ。
 やがて氏は籃胎(らんたい・表皮を取って裂いた竹、または蔓植物を編んで器形にしたもの)を素地とした「布目彫り蒟醤(ぬのめぼりきんま)」を考案、多種多様の剣を巧みに活かし、独自の意匠を掘り出してきた。現在もなお、現代感覚あふれ、色彩の美しい絵画的な作品を数々世に送り出し、高い評価を得ている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数4件: 1~4 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter