NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/31

袴 Hakama Hakama

Jp En


 袴は和装で着物を着た上から着け、腰から下をおおうゆったりした衣服のこと。腰につけた紐で結びとめる。
 江戸時代までは主に男性の着物だったが、明治時代から女学生の制服としても用いられた。
 礼服として使われることが多いが着付けは容易。武士の日常着でもあり、活動的な行動にも適している。
 主な種類としてズボン状の形をした馬乗り袴(うまのりばかま)、スカート状の形の行灯袴(あんどんばかま)、ズボン状で足首部分が細い野袴、裁付袴(たっつけばかま)などがある。
 現在でも冠婚葬祭の場や、剣道、弓道などの武道で用いられる。

この記事をお気に入りに、追加します

名前




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter