NIPPON Kichi - 日本吉

2006/12/13

狐の嫁入り Kitsune-no-yomeiri Kitsunen no yomeiri (The Fox’s Wedding) 

Jp En


 その昔、阿賀野川と常浪川の合流点にたたずむ麒麟山には、多くのキツネが住んでいて、毎夜のごとく狐火が見られたと言い伝えられている。この狐火が、当時の嫁入り行列で使っていた提灯に似ていたことから、いつの間にか狐火のことを「狐の嫁入り」と呼ぶようになったのだという。
 新潟県津川町では毎年5月3日、この地元の民話「狐の嫁入り」を再現したイベント「つがわ狐の嫁入り行列」を行っている。結婚を控えたカップルが狐の花嫁・花婿に扮し、町中を練り歩くのだ。狐の嫁入り行列が町内の住吉神社から阿賀野川を渡り、麒麟山へと向かう様はとても幻想的だ。
 この行列は、狐火の多く見える年(狐の嫁入り行列の見えた年)は、豊作で縁起が良いと信じられていた昔から伝わる年中行事である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
959-4405 新潟県東蒲原郡阿賀町(旧津川町)




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter