NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/6

浄智寺 Jouchi-ji 

Jp


 浄智寺は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗・円覚寺派の寺であり、鎌倉五山の第四位である。
 本尊は阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来の三世仏で、各々過去・現在・未来を象徴している。
 弘安六(1283)年、鎌倉幕府執権・北条時頼の三男、宗政の菩提を弔うために創建された。
 開基は既に故人となっていた宗政と、その子北条師時。開山は南宋出身の高僧兀庵普寧(ごったんふねい)、同じく南宋の大休正念、日本の南州宏海の三人である。
 当時は塔頭が11院あり、伽藍も完備し、相当の大きさを誇ったが、度重なる火災や地震で衰微し、現在の建物のほとんどは昭和になって再建されたものである。
 曇華殿(どんげでん)には三世仏が、また境内奥には七福神の弥勒菩薩の化身としての布袋尊が祀られている。
 浄智寺は、鎌倉の薫りを今に伝える名刹である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
247-0062神奈川県鎌倉市山ノ内1402
名前
浄智寺
電話
0467-22-3943




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter