NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/8

岡邸 Oka-tei 

Jp


 愛知県名古屋市有松にある江戸末期に建てられた重厚な歴史的建造物。名古屋市指定有形文化財。
 有松は幕末期当時の歴史的な町並みが残る場所で、岡邸は有形文化財では、一番古く、また一番大きいといわれる。 
 主屋1棟、作業場1棟、蔵2棟の構造で、街道沿いに並んだ絞商(しぼりしょう)の町屋の典型である。
 間口は連子格子、なまこ壁、虫籠窓、塗りこめ造りをよく残している。
 この家にだけある、2階のひさし裏の塗りごめ造りの「波状」も特徴的である。
 明治頃に改良され設置された「電話」がまるで「電話ボックス」のような透明の囲いの中に取り付けられているところが、なんともレトロであり、観光客の間でもちょっとした話題になっている。
 有松の観光コースとして、桶狭間古戦場とともに紹介されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
458-0901 愛知県名古屋市緑区有松町
名前
名古屋市役所
電話
052-961-1111




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter