NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/20

今帰仁城跡 Nakijin-gusuku-ato 

Jp


 今帰仁城跡(なきじんぐすくあと)は、沖縄県国頭郡今帰仁村にある国指定史跡の城跡である。
 琉球に統一王朝が樹立(1429年)される直前の北山を治めた国王の居城である。
 13世紀頃に湧川按司によって築城されたと推察される。
 1416年、北山が中山に滅ぼされた後には、琉球王府から派遣された北山監守の居城となった。
 1609年、薩摩藩による琉球侵攻の際には、第一の攻撃目標となり、落城する。
 1665年、廃城となった。
 南北350m、東西800m、面積3万7千平方mの、沖縄県最大級の城として名高い。城壁が美しい曲線を描いて続き、本丸跡からは東シナ海が一望できる。
 2000年、琉球王国のグスク及び関連遺産群として、ユネスコの世界遺産に登録された。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
905-0428沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊4874
名前
今帰仁城跡
電話
0980-56-4400
HP
http://www.yanbaru.ne.jp/~NAKIJIN/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter