NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/21

報恩寺 六角塔 Houon-ji Rokkakutou 

Jp


 報恩寺は、大分県東国東郡武蔵町麻田にある天台宗の寺である。本尊は阿弥陀如来像、観音菩薩像、勢至菩薩像の阿弥陀三尊。
 六角塔は、報恩寺の境内にある、国東半島でも珍しい石造美術品である。
 六角塔は総高約5m、塔身は六角柱で各面を6段に仕切って、2体ずつの弘法大師像を半肉彫りし、最上段には丸彫りの一尊を安置している。
 豊後四国八十八ヶ所の霊場巡拝の、流行に沿って札所をつくった時代の名残とみられている。
 境内には、応永5(1398)年の銘のある鰐口もあり、こちらも県の有形文化財に指定されている。
 報恩寺は、国東三十三観音霊場第17番でもあり、報恩寺六角塔は、古の石像技術を今に伝える文化財である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
873-0405大分県国東市武蔵町麻田
名前
報恩寺 六角塔




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter