NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/21

覚住寺 Kakujyuu-ji 

Jp


 飛鳥時代の推古天皇の頃、6世紀末期に聖徳太子のみことのりに依り創建されたと伝えられる古刹。淡路島でも最古の寺院のひとつ。
 往時には七堂伽藍を備えた広大な寺領には脇寺も多くあり、威容を誇る大寺院であった。時代を経る中で焼失の憂き目に合い、現在の寺は江戸時代に再建されたもの。
 この寺は、七福神のひとつであり、勇気と決断を授け、病魔や厄災から身と財産を守る神、「毘沙門天」を祀る。
 淡路島には、数多くの史跡や文化遺産があり、四百余りの社寺が点在している。それぞれ古くから人々の信仰を育んできたが、とりわけ七福神信仰は淡路島内外の厚い信仰を集めてきた。覚住寺は、恵比寿様を祀る万福寺や大黒様の八浄寺などとともに七福神巡りの一仏閣として、一年を通して開運を願う参拝客で賑わう。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
656-0451 兵庫県南あわじ市神代社家343
名前
覚住寺
電話
0799-42-0436




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter