NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/23

小石原焼 Koishiwara-yaki Koishiwara Ware

Jp En


 小石原焼は、福岡県朝倉郡小石原村にて焼かれる陶器である。主生産品は、生活雑器。
 1682年、江戸時代前期に黒田藩藩主によって開かれた、筑前最初の窯である。
 当初は「中野焼」と呼ばれ、大型のかめ、壷、徳利等の磁器を焼いていたが、18世紀初めから陶器が焼かれるようになり、小石原焼と呼ばれるようになった。
 刷毛目、飛び鉋、櫛描きなどによって表現される独特の幾何学的な紋様が特色で、素焼きを行わず、釉薬を流し掛ける。
 元々はささやかな里であったが、昭和30年代後半からの陶芸ブームにのり、小石原焼は全国的に有名になった。
 現在、村には50余軒にのぼる窯元があり、最も古い窯元は300年の歴史をもつ。
 小石原焼は、400年の歴史を受け継ぐ伝統工芸品である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
838-1601福岡県朝倉郡東峰村小石原730-9
名前
小石原焼陶器協同組合
電話
0946-74-2266
HP
http://www.koishiwarayaki.or.jp




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter