NIPPON Kichi - 日本吉

2006/12/15

ビー玉遊び Biidama-asobi Bidama 

Jp En


 地方によってルールと呼び名が異なるビー玉遊び。その基本的なものを挙げよう。
 ひとつは、地面に四角(三角)の枠を描き、対戦者が枠内に置いたビー玉(親)に、枠外から自分のビー玉(手玉)を当てて枠からはじき出し、親を奪い合うゲームだ。手玉が当たって枠から出したビー玉はもらえるが、手玉が枠の中に残った場合は、反対に狙われる立場となる。
 もうひとつは、地面に穴を掘り、ビー玉を指ではじいて指定された順路で穴にビー玉を入れてまわるゲームがある。穴をまわっている最中にビー玉が他人のビー玉に当たると、罰則が与えられたり、早くゴールした者は、自分のビー玉を相手のビー玉に当てることができたりするなど、いろんなオプションをつけて遊ぶことができる。

この記事をお気に入りに、追加します




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter