NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/28

伊佐部の祇園祭 Isabu-no-gion-matsuri Gion Festival in Usabe

Jp En


 茨城県稲敷市伊佐部で7月第3土曜日に行われる祇園祭は、約300年にわたり地元の人々に受け継がれ守られている。
 この祭が行われる須賀神社は素盞嗚尊(牛頭天王)を主祭神とし、古くからこの地域の五穀豊饒と疫病退散の鎮守の神として信仰を集めてきた。
 この伊佐部の祇園祭は家廻りに年番が決まり、地区の若衆や、集落役員、神社総代が中心となって老若男女皆総出で行われる。山車は「天王さま」を先頭に、唐傘、大太刀とつづき、その山車の巡行にあわせて下座囃子と下座踊りがにぎやかに繰り広げられる。
 平成10年には、土浦出身の里美の工匠による念願の立派な山車が完成した。今では毎年この山車を中心に、伊佐部の伝統である下座の囃子と踊りを継承し、より地域の人々が集う夏祭となっている。
 また各家々では饅頭を蒸かし来客を迎えることから、饅頭祇園とも呼ばれている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
300-0603 茨城県稲敷市伊佐部
名前
伊佐部の祇園祭




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter