NIPPON Kichi - 日本吉

2007/3/6

奈良 屏風岩 Nara Byoubu-iwa 

Jp


 屏風岩は奈良県宇陀郡曽爾村に広がる柱状節理(ちゅうじょうせつり)の岩壁のことである。
 室生火山群の爆発より生み出された、多角形の柱状の岩が連なる断崖絶壁であり、高さ200メートル、約1・5キロの長さに及ぶ。
 長大な岸壁は名前の通り巨大な屏風のような絶景で、国の天然記念物に指定されている。
 隣接する名張川の支流、青蓮寺川の香落渓(かおちだに)にも羅漢岩、天狗覗岩、天摩嶺などの多くの奇岩景勝が連なり、訪れる登山客を楽しませている。
 春は桜、秋は山つつじの名所であり、岸壁を彩る桜と紅はさながら一隻の屏風のようである。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
633-1214 奈良県宇陀郡曽爾村長野
名前
奈良 屏風岩




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter