NIPPON Kichi - 日本吉

2007/3/19

箕輪城跡 Minowa-jyou-ato Minowa Castle Ruins

Jp En


 箕輪城は、群馬県高崎市箕郷町にある、群馬県を代表する中世の城。
 戦国時代、大永六(1526)年に、上州・長野郷出自の豪族、長野業尚(なりひさ)により築城された。長野氏は、関東管領・上杉氏に古くから仕える重臣で、長野業尚は上杉憲政の右腕として周囲の武将と血縁関係を結び、またその優れた統率力で西上野の旗頭となり、最期まで関東管領を支えた。
 その後、箕輪城は業政、業盛と受け継がれ、業盛の代で永禄九(1566)年、甲斐の武田信玄の攻撃を受けて落城。長野氏は滅亡した。
 以降、武田氏の家臣、織田信長の家臣、北条氏と城主は目まぐるしく変わり、江戸時代には徳川四天王のひとり、井伊直政が入城。しかし、直政が高崎に移転するとともに箕輪城は72年の歴史を閉じた。
 城域は面積約47ヘクタールにおよぶ広大なもので、現在は遺構として、石垣、土塁、空堀の跡が見られる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
370-3105 群馬県高崎市箕郷町西明屋字城山
名前
箕輪城跡




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter