NIPPON Kichi - 日本吉

2007/3/22

龍華院大猷院霊屋 Ryugein-taiyuuin-otamaya 

Jp


 龍華院大猷院霊屋(りゅうげいんたいゆういんおたまや)は、江戸時代の明暦二(1656)年に掛川藩主、北条氏重が幕府に願い出て、三代家光の霊を祀るために建立した霊廟。静岡県掛川市城山に所在する。
 建立当時の建物は、文化十五(1818)年の火災で焼失したため、災禍を免れた霊牌と厨子を安置する霊屋が文政五(1822)年、当時の藩主太田資始により再建された。現在は瓦葺きだが、創建当時は、薄い板を上下左右に何枚も重ね合わせて葺いた「柿葺き」であったという。霊廟内部には、春日厨子があり、霊碑を祀る。
 龍華院大猷院霊屋は、昭和二九(1954)年に静岡県の有形文化財に指定された。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
436-0079 静岡県掛川市掛川
名前
龍華院大猷院霊屋




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter