NIPPON Kichi - 日本吉

2007/3/23

富士川 Fuji-gawa 

Jp


 富士川は、長野県、山梨県、静岡県をまたがって流れる富士川水系の本流。日本三大急流のひとつに数えられる。
 「富士川」の名前は、古く駿河人による「不尽川」と詠んだ万葉の歌に由来する。また、駿河では富士山の水を集めて流れる河との認識があり、富士川と呼んだと考えられる。
 その昔は、内陸の甲斐南部と駿河の交通路として、古くから水運が利用された。江戸時代には、駿河国と甲斐国(現・増穂町・鰍沢町)との間に富士川渡船が開始、甲斐国は幕府の天領であったため、江戸への廻米輸送を中心に水運が発達したそうだ。明治時代に入ると、廻米輸送がなくなり衰退するが、三河岸の商人による起業で明治七年には富士川運輸会社が設立され、発展。鉄道の敷設により再び水運は衰退、現在の東海道線の開通とともに水運としての使命を静かに終えた。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
長野県、山梨県、静岡県
名前
富士川




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter