NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/3

長瀞峡 Nagatoro-kyou 

Jp


 長瀞峡は、約6キロの、荒川上流部の渓谷。結晶片岩類による岩石段丘。国の名勝天然記念物。
 明治11(1878)年、地質学者ナウマン博士の調査によって再発見された「日本地質学発祥の地碑」がある。
 日本最大の一枚の岩(岩畳)の上を荒川が流れる。 節理という一方向に割れやすい性質をもつ岩石や、中国揚子江が刻んだ「赤壁」に因んで名付けられた秩父赤壁、川の流れにより運ばれた礫(小石)が岩石の割れ目に入り丸く削ったポットホールなどの地形を見ることができる。
 またライン下り、カヌーやラフティング、キャンプ場としても有名。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
369-1313 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞
名前
長瀞峡




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter