NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/4

香川 菓子木型 Kagawa-kashikigata 

Jp


 香川県で作られている、和菓子などの型取りに使う木製の道具。県の伝統工芸品に指定されている。
 その歴史は、江戸時代からと言われ、和菓子造りには欠かせない道具として用いられるようになった。
 木型の素材は、樹齢100年以上の山桜の木を使う。生菓子では、型に彫刻した板を2枚重ね、目方40グラム前後のものを作る。その形には家紋や鳥、魚、花など、四季を意識したものが多い。いずれも立体的に作られ、彩が非常に鮮やかである。
 現在では、菓子木型職人は全国でも6、7人しかいないと言われている。ここ香川県では、和菓子製造の裏方として伝統を守り続け、さらなる技術の発展に努める伝統工芸士たちが、日々努力している。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
760-8570 香川県高松市番町4-1-10
名前
香川県産業振興課
電話
087-831-1111
HP
http://itp.ne.jp/contents/kankonavi




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter