NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/4

伯耆大山 Houkidaisen 

Jp


 伯耆大山(ほうきだいせん)は、標高1709mを誇る中国地方の最高峰である。溝口ICの方面から見ると富士山の姿に似ていることから、「伯耆富士」の愛称を持つ。
 伯耆大山は、四季を通じて変化に富み、様々な植物が登山者たちを迎える。山すそには広大なブナの原生林が広がり、山頂付近には天然記念物のダイセンキャラボクの群生地がある。山頂は、360度の大展望で、島根の三瓶山や隠岐の島、瀬戸内海を一望できる大パノラマが開ける。多くの登山者たちに愛される理由は、この素晴らしい眺望にあるのかもしれない。
 この美しい山は、江戸期の狩野派の画家、谷文晁(たにぶんちょう)が実際に歩いて描いたとされる「日本名山図譜」にも、山陰の山として唯一描かれているという。伯耆大山の豊かな自然と美しさは、昔も今も人々の心を捉えて離さない。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
鳥取県大山町・伯耆町・日野郡江府町・東伯郡琴浦町・倉吉市・岡山県真庭市
名前
伯耆大山




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter