NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/10

清武の大クス Kiyotake-no-Ookusu Kiyotake Great Camphor Tree

Jp En


 清武の大クスは、宮崎県宮崎郡清武町の船引神社境内にある、樹齢900年以上と言われる樹木である。国の天然記念物に指定されている。
 幹回りは13.2m、根回り18m、高さ25mの、宮崎県下最大といわれている大クスである。
 幹の内部は高さ9m、広さ約8畳ほどの大きな空洞になっており、大人数人がゆっくりくつろげる広さであることからも、並大抵の樹ではない事を推し量れる。
 このクスノキは「八幡楠」とも呼ばれ、船引神社の神木として人々に親しまれて来た。
 正面から見るとカタツムリを連想させる形をしているが、左手に廻ると美しく、迫力ある姿を見せてくれる。
 清武の大クスは、高い樹齢ながら、まだまだ衰えぬ風格のある古木である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
889-1604宮崎県宮崎郡清武町船引7074-3
名前
船引神社




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter