NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/15

出雲めのう細工 Izumo-menou-zaiku Izumo Agate Work

Jp En


 出雲めのう細工は島根県松江市で作られている工芸品で、島根県ふるさと伝統工芸品の一つ。
 めのう細工の起源は古く、神代にまでさかのぼると言われ、古代の装飾具である勾玉は翡翠やめのうを加工して作られた。
 古代の勾玉は多く島根で作られたと言われ、三種の神器の一つ八坂瓊勾玉もその一つであるとされる。
 出雲めのう細工は江戸末期頃に始まり、大正時代には玉湯町を始め、各地の集落で作られていたが、その後職人が減少、現在はめのう細工伝承館で技術が継承されている。
 土産細工の勾玉以外に、ペンダントやネックレスなどの装飾品を主流に作成して、観光客に人気を集めている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
699-0201 島根県松江市玉湯町玉造
名前
出雲めのう細工




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter