NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/20

豊田城 Toyodajo 

Jp


 豊田城は、茨城県常総市にあった城である。現在は、僅かに城跡が残るのみとなっており、別の場所に模擬天守閣が建っている。
 この地方は、平安時代末期から戦国時代まで垣武平氏一族の豊田氏が支配し、正平元(1346)年、豊田善幹が豊田城を築いた。
 しかし、天正六(1578)年、城主の豊田治親は多賀谷政経の調略により家臣に毒殺され、豊田氏は滅亡。慶長四(1601)年、関ヶ原の合戦後に豊田郡は天領となり、豊田城も廃城となった。さらに小貝川の河川改修と耕地整理によって消滅してしまい、現在は、堤防上の二箇所に、ぽつんと城址碑が建っているのみである。
 その代わり、平成四(1992)年地域交流センターとして模擬天守が造られた。当時の豊田城とは全く違うつくりであるが、新しい「豊田城」として、地域の人々の交流の場となっている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
300-2706茨城県常総市新石下2010
名前
豊田城(常総市地域交流センター)
電話
0297-42-0169




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter