NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/25

新井久夫 Arai Hisao 

Jp


 埼玉県岩槻市、東京都文京区、台東区に伝わる伝統工芸品「江戸木目込人形」の伝統工芸士。
 1996(平成八)年、当時最年少の38歳で伝統工芸士に認定。
 江戸木目込人形は別名を岩槻人形とも言われる人形細工であり、糊で固めた桐粉を胴体にして、襟や帯、衣装の折り目の部分に細い溝を掘り込み、布地を埋め込み作られる。
 衣装を木目込むことから木目込人形と呼ばれ、人形自体に衣装を合わせるため、一つ一つが異なることから職人の技量が現れる点が魅力である。
 氏は子供の頃から、職人であった父の職場で遊び、基礎を身に付けたという。伝統の技法を修めながらも、常に新たな工夫を取り入れてゆく作品は多くの人に愛されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
339-0066 埼玉県さいたま市岩槻区愛宕町9-35
名前
新井久夫
電話
048-756-2364




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter