NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/7

高蔵寺阿弥陀堂 Kouzou-Ji Amidadou 

Jp


 高蔵寺は、宮城県角田市高倉にある高野山真言宗の寺である。本尊は、薬師如来。
 高蔵寺阿弥陀堂は、治承元(1177)年に藤原秀衡の妻などによって建立されたと伝えられる宮城県最古の木造建築物である。
 平安時代の阿弥陀堂で現存しているのは全国に7箇所しかなく、国指定重要文化財となっている。
 阿弥陀堂の本尊阿弥陀如来坐像は、像高2.7mで、こちらも国指定の重要文化財である。
 阿弥陀堂の風格、様相は平泉建築の流れを組んだものであり、奥州藤原文化が東北一円に広がっていたことを示している。
 方3間、低い廻縁をめぐらした宝形造、茅葺の木造で、巨大な円柱に単純な舟肘木をのせる一軒の簡潔な架構になっており、装飾を加えない単純素朴な姿である。
 高蔵寺阿弥陀堂は、800年の歴史を誇る堂宇である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
981-1516宮城県角田市高倉49
名前
高蔵寺
電話
0224-65-2038




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter