NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/7

横山不動尊 Yokoyama-Fudouson 

Jp


 横山不動尊は、宮城県登米市津山町にある曹洞宗大徳寺の通称である。本尊は不動明王。
 保元元(1156)年、百済から渡来した不動明王像を横山の森山中央に祀ったのが、横山不動尊の始まりと伝えられている。
 以来、明王山金剛寺として続いたが、永正元(1504)年、真言宗から曹洞宗に改宗の際に大徳寺と改称され、横山不動尊として親しまれてきた。
 不動堂は、津山杉が立ち並ぶ山麓に堂々たる構えを見せている。
 堂内には、弘法大師作と伝えられる高さ5mの木造座像が安置され、その胎内には、渡来した黄金の不動明王像が収められている。
 境内には青銅五重塔が建ち、池には昔から不動尊の御使姫(おつかいひめ)として大切にされてきた天然記念物の淡水魚「ウグイ」が生息している。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
986-0401宮城県登米市津山町横山字本町3
名前
曹洞宗大徳寺 横山不動尊
電話
0225-69-2249
HP
http://www.jade.dti.ne.jp/~fudouson/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter