NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/11

青谷上寺地遺跡 Aoya-kamijichi-iseki The Aoyakamijichi Ruins

Jp En


青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡は、弥生時代から大和時代にかけての遺跡。鳥取県鳥取市青谷町に所在する。
 平成三年に青谷羽合道路建設のための調査中に偶然弥生時代の土器が出土したことから発掘が開始された。その後、試掘調査により大規模な遺跡であることが判明し、平成十年から本格的な発掘調査を開始。日本初を含む多くのものが出土、弥生時代を知る貴重な遺跡として注目を集めている。
 出土品は数万点にものぼり、日本初の出土となる「弥生人の脳」や、高い技術を示す木製容器、海外からもたらされた鉄器、戦闘で傷ついたと推測される殺傷の痕の残る人骨が発掘された。このことから、弥生時代に日本人は既に大陸との交易を結んでいたことや国内の戦乱が存在したことなどが窺える。この新たな発見は、太古の歴史を深く知るとともに、新たな可能性を感じさせる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
689-0501 鳥取県鳥取市青谷町青谷4064(青谷上寺地遺跡展示館)
名前
青谷上寺地遺跡
電話
0857-26-7934(鳥取県教育委員会事務局文化課遺跡調査整備室)
email
kyouikubunka@pref.tottori.jp
HP
http://www.pref.tottori.jp/bunka/aoyakamijichi/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter