NIPPON Kichi - 日本吉

2008/9/11

一目千本桜 Hitomesenbon-zakura 

Jp


 春、宮城県の大河原町から柴田町にかけて流れる阿武隈川の支流・白石川沿いは、桜の回廊になる。
 古木、若木と合わせて1000本を超すソメイヨシノが8kmに渡って連なり、文字通り「一目で千本見える」ことから一目千本桜(ひとめせんぼんざくら)と名付けられた。
 この桜の木々は、地元出身で東京で成功した高山開治郎という実業家が大正時代に苗木を寄付し、自らも植樹したのが、この桜の名所のはじまりである。
 桜の頃は、遠くに見える蔵王連峰にはまだ雪が残る。白石川の先には、こちらも桜が咲き誇る船岡城址公園があり、町中が一面の桜色に染まる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
宮城県柴田郡
名前
一目千本桜


keywords :


NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter