NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/21

宮大工 Miya-daiku Miyadaiku

Jp En


 宮大工(みやだいく)は、神社仏閣の建築や補修を行う大工。堂宮大工(どうみやだいく)とも言われる。
 何年も自宅を離れ社寺のある土地に住み、技法などを研究しながら仕事を行うため「渡り大工」とも呼ばれる。
 通常の大工とは違い、神社や仏閣はそれぞれが一つしか存在しない建物のため、同じものを作ることはない。また、補修を重ね後世に渡る建造物を手がけるため、高度な技術はもとより、考古学・地質学等の多岐にわたる知識が必要になる。
 三百以上の道具を使い、釘を使わず接木を行う「引き手」や「継ぎ手」などの伝統的な技法を利用するが、これらの技術は師匠から弟子へ口伝されるが、かつては日本に数百名いるとされていた宮大工も、現在は百名程度となった。
 著名な宮大工には「法隆寺昭和の大修理」の棟梁となった西岡常一氏や「浅草寺観音堂」の修理を行った佐々木嘉平氏、「海住山寺五重塔」の修理を行った文化財保存技術者の松浦昭次氏などがいる。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
宮大工




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter