NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/5

静内二十間道路の桜並木 Shizunai-nijukkendouro-no-sakura-namiki 

Jp


 静内二十間道路(しずないにじゅっけんどうろ)は、北海道日高郡新ひだか町静内田原・御園にあり、その桜並木は日本の道百選、さくら名所百選、新日本街道樹百景、北海道遺産などに選定、認定されている。
 道幅が二十間(約36m)ある桜の並木が直線で7kmにわたって続くことから、この名がついた。
 宮内省の御料牧場を視察する皇族の行啓道路として造成されたのがはじまりとされている。
 大正五(1916)年から3年をかけて近隣の山々の桜が移植され、整備された。
 毎年5月にはこの美しい桜を一目見ようと、全国各地から20万人もの花見客が詰めかける。
 近くには花のトンネル等もあり、多くの観光客で賑わう。
 静内二十間道路の桜並木は、日本屈指と言われる名所である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
056-0144 北海道日高郡新ひだか町静内田原
名前
静内二十間道路の桜並木




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter