NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/23

山口 秋吉台 Yamaguchi Akiyoshidai 

Jp


 「秋吉台(あきよしだい)」は、山口県美祢郡の美東町と秋芳町にわたって広がる日本最大のカルスト台地である。
 面積は約130平方キロメートル。厚東川より東部は、1955年に秋吉台国定公園に指定された。
 この地は遥か昔、遠い海でサンゴ礁として誕生し、それから約3億5千万年経って、ドリーネや鍾乳洞が発達した石灰岩の台地、カルスト台地となった。石灰岩の中にはサンゴやウミユリなどの、地球と秋吉台の長い歴史を示す化石を見ることが出来る。
 地下には秋芳洞、大正洞、景清洞など、450を超える鍾乳洞がある。
 また、東部一帯は広大な草原地となっており、草原を維持するために、毎年2月下旬に大規模な山焼きが行われている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
山口県美弥郡美東町
名前
山口 秋吉台




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter