NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/24

積丹半島 神威岬 Shakotan-hantou Kamui-misaki 

Jp


 神威岬(かむいみさき)は、北海道に位置する岬で、積丹半島北西部から日本海に突き出す形になっている「ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。
 大海原へとダイナミックにせり出した神威岬の先端までは、駐車場から「チャレンカの小路」を歩く。この遊歩道の両岸には様々な海鳥たちが生息し、時にはハヤブサの姿が見られることも。冬には北の海からトドやアザラシ、オオワシなどがやってくる。岬の先端に辿り着いたとき、切り立った断崖と、積丹ブルーと形容される海岸美が眼前に広がる。海のはるか向こうには積丹岬が望め、海には「水無の立て岩」「カムイ岩」が浮かぶ。カムイ岩は神威岬のシンボルで、夏にはハヤブサ、冬にオオワシが止まることもあるという。このカムイ岩は、澄み切った海中に立ち尽くす乙女の化身だという伝説も残る。
 神威岬は、自然の動植物の宝庫。次世代に残したい北海道の宝物だ。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
046-0200 北海道積丹郡積丹町大字神威岬
名前
積丹半島 神威岬




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter