NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/5

琴似屯田兵村兵屋 Kotoni-tondenheison-heioku Kotoni Tondenhei Village Site and Barracks

Jp En


 琴似屯田兵村兵屋(ことにとんでんへいそんへいおく)は、北海道札幌市西区琴似にある兵屋である。昭和五七(1982)年、国の史跡に指定されている。
 屯田兵の制度は、明治六(1873)年、北海道の開発を急いで行うために、黒田清隆の願い出がきっかけで作られた。屯田兵が集まって住んでいた場所を屯田兵村、生活をしていた家を兵屋と呼ぶ。
 琴似屯田兵村は、屯田兵村の中でも一番最初に屯田兵が移り住んだ場所である。
 兵屋は、明治八(1875)年、屯田兵入植時に開拓使から清野専次郎に与えられ、昭和四五(1970)年まで残っていた家を、2年後に、ほぼ最初に建てられたままの姿で復元したものである。
 洋小屋のキングポスト形式の小屋組で、内部は二間・土間・板の間の流しとなっている。
 琴似屯田兵村兵屋は、いわば開拓村の新興住宅地とも言える、開拓の礎となった家である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
063-0812 北海道札幌市西区琴似2条5丁目1-12
名前
琴似屯田兵村兵屋




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter